HOME肩関節の痛み、動かない、四十肩、五十肩、股関節、股関節の痛み

肩関節の痛み、動かない、四十肩、五十肩
股関節、股関節の痛み

中高齢者に多い四十肩、五十肩

中高齢者に多い四十肩、五十肩

肩関節(かたかんせつ)とは、一般的には肩甲上腕関節(第一肩関節)を指します。
肩関節に障害が起こると、基本的には肩の痛みとして感じます。
しかしそれ以外にも、首の痛みや肩こりなどの症状が原因になっている場合も考えられます。
また首から出ている神経障害の一部症状として肩の痛みを感じていることもあり、注意が必要です。

肩関節の一般的な病気としては、五十肩、四十肩があります

これらは肩関節周囲炎ともいわれ、中高年世代によく起こる症状です。
激しい痛みはなくても、夜間痛に悩まされたり、徐々に肩の動きが悪くなってきたりします。
就寝時は、痛みのために寝返りできなかったり、悪い方の肩を下にするとよく眠れないことがあります。
特に冬など、寒い時期や環境に強く痛む傾向にあるようです。

肩が痛くなると動かせないために、さらに血流が滞り、痛みを生む悪循環が生じます。
ブロック療法で緩和させた後は、適度に動かすよう心がけて下さい。

膝関節の痛み

膝関節の体表的な病気は「変形性膝関節症」、「関節リウマチ」、「痛風」などが上げられます。

変形性膝関節症には年齢からくる一次性の変形性膝関節症、また、何かの原因で起こる二次性の変形性膝関節症があります。
二次性の主な原因は、骨折、脱臼、半月板の損傷などの外傷、また痛風や化膿性関節炎からくる炎症、関節の変形により生じるものがあります。

初期の症状としては、膝の違和感や、歩く時、階段の昇り降り、立ち仕事のあとに痛みが起こります。
初期に関しても、炎症が強い場合は関節内に関節液が溜まり、関節が腫れあがり膝を伸ばしたりすると強い痛みを伴うことがありますので早期の治療を心掛けてください。

治療法

ヒアルロンサン注入、トリガーポイント注射をおすすめします。

四十肩、五十肩、膝関節の痛みがある方は、東大阪・布施の当院にお気軽にお問い合わせ下さい。

「全ての痛み」を治療させていただきます

住所 〒577-0056
大阪府東大阪市長堂1丁目5-6 布施駅前セントラルビル2階
診療時間 【月~金】午前:8:45~12:15 午後15:00~19:00
【土】午前:8:45~12:15
休院日・・・土曜午後・日曜日・水曜日・祝祭日

QRコード

スマホからも
アクセス