HOME頸椎椎間板ヘルニア、両手の痛み、しびれ、腰痛、ぎっくり腰

頸椎椎間板ヘルニア、両手の痛み、しびれ
腰痛、ぎっくり腰

頸椎椎間板ヘルニア、両手の痛み、しびれ

首のヘルニアは手の痛みやしびれも招きます

頸椎椎間板ヘルニア

頚椎(けいつい)とは、脊椎(せきつい)の上の部分、首から頭蓋骨につながる7つの椎骨(ついこつ)を指します。
椎骨とは、脊柱を構成する小さな骨です。
椎骨の主要部となる椎体と椎体の間には、髄核(ずいかく)と呼ばれるゼリー状の組織の外側を、固い線維の層が幾重にも重なった線維輪に囲まれた軟骨があります。

この軟骨を椎間板(ついかんばん)と言います。
椎間板は脊柱に加わるショックを吸収したり、また首に安定性を与える役割をしています。
首が前後左右にしなやかに動かせるのも、椎間板があるおかげです。

椎間板には常に圧力が加わっている状態で、人の体の中でも早く老化が始まるところです。加齢とともに髄核中の水分が減少し、クッションとしての役割も衰えてきます。
こうなると椎間板の線維輪に亀裂が入りやすくなり、何かの拍子に髄核が飛び出してしまうことがあります。

この症状が、「椎間板ヘルニア」です。
椎間板ヘルニアは腰椎に起こることが一般に知られていますが、首に起こることもあり、その場合を「頚椎椎間板ヘルニア」といいます。

両手の痛み、しびれ

手の痺れ

頸椎椎間板ヘルニアのように、頚椎にズレがあって神経圧迫を起こしていると、腕や手にもしびれが出たり、痛みを伴うことがあります。

頸椎の歪みが大きいと神経圧迫も大きいため、腕や手の痛み、しびれが強く、広範囲で痛みやしびれを感じることが多いようです。

治療法

星状神経節ブロックに注射により痛みを和らげることができます。

腰椎椎間板ヘルニア、腰痛、ぎっくり腰

当院で最も多い患者さまの症状です

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎は5個の椎骨(ついこつ)から成り、上半身を支える脊柱(せきちゅう)のなかでも最も大きな荷重を受けもつ役割を果たしています。

同時に体の中でも、もっとも動かすことが多い部分のため、椎間板の障害を起こしやすいところでもあります。
腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板または線維輪に亀裂が入り、内部にある髄核(ずいかく)が飛び出して神経組織を圧迫した状態です。

激しい腰痛と片側の脚の痛み、しびれを引き起こします。

腰痛

明らかな原因となる病気を発見できず、またX 線写真などでも異常が認められないにもかかわらず、筋肉の使いすぎ、過労や姿勢の悪さなどが原因で生じる腰の痛みのことです。
腰痛で悩まれている方はとても多くいらっしゃいます。

ぎっくり腰

ぎっくり腰

突然、腰に激しい痛みが走り、しばらく動けないほどの痛みに悩まされる症状です。
急に腰をひねったり、重い物を持ち上げようとしたときなどに起こります。
くしゃみや咳、かがんだだけで起こる場合もあります。

痛みのために腰の運動はかなり制限されてしまいます
無理をして体を動かすとさらに悪化します。
激しい痛みのために、立ったり歩いたりするのも困難なことがあります。

治療法

ペインクリニックの腰痛治療で、もっとも多く行われている硬膜外ブロック注射で治療を行います。

手のしびれ、痛みや、腰痛、ぎっくり腰でお悩みの方、東大阪・布施の当院へお気軽にご来院下さい。

「全ての痛み」を治療させていただきます

住所 〒577-0056
大阪府東大阪市長堂1丁目5-6 布施駅前セントラルビル2階
診療時間 【月~金】午前:8:45~12:15 午後15:00~19:00
【土】午前:8:45~12:15
休院日・・・土曜午後・日曜日・水曜日・祝祭日

QRコード

スマホからも
アクセス